かかりつけ税理士増本とうきゅうのブログです。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ:日記( 7 )

最後に亀が勝つ
さっき、事務所の近くを歩いていると、タバコの自動販売機の前で、露店方式でタバコを売っている人を見ました。タスポ導入後、タバコの販売は激減しているそうですが、そういう小売店主の苦肉の策なのでしょう。

さて、先日決算の打合せで顧問先の社長さんと話をしていたときの話です。その会社は、非常にニッチな業種で、今回10期目の決算を迎えます。

社長さん曰く、「先日、福岡市が業者調査をしたのですが、その結果、会社規模でウチが一番だったんですよ」

私、「へー、それはすごいことですね」

設立当初は、熊本や大分、沖縄など遠隔地の仕事が多かったのですが、元来仕事に誠実な社長さんなので、着実に実績を積み上げていかれました。

その実績により、最近は福岡市近郊の市町村の仕事も請けるようになりました。結果、売上のボリュームが増えるとともに、時間コストも縮減されるため、効率もあがりました。

一方、福岡市の仕事のみに頼っていたライバル会社は、公共事業の発注量の減少とともに会社の規模も縮小していきました。

社長さんは、「10年かかりました。本当に亀の歩みのようで・・・」と謙遜されていましたが、私は今回のお話で、いつも仕事に誠実に向き合うこと、そしてそれを継続することの大切さをあらためて、気づかされました。
[PR]

by masumoto-tax | 2008-06-07 15:00 | 日記
試合時間マイナス6%
ごぶさたしています。みなさんはチーム・マイナス6%はご存知でしょうが、試合時間マイナス6%は聞かれたことがありますか?

NPB(社団法人日本野球機構)が12球団と共に今シーズンよりはじめた取り組みで、試合時間を従来より6%短縮することで、地球温暖化ストップに貢献しようというものです。その名も「NPB2008 Green Baseball Project   野球の力で温暖化ストップ!」。

過去10年間の公式戦平均試合時間は3時間18分だそうで、目標はこれを3時間6分に短縮することだそうです。昨日で164試合が終了しましたが、その平均試合時間は目標を上回り、3時間5分となっています。ちなみに最短時間はカープの2時間55分、2位はジャイアンツとファイターズの2時間59分で、いずれも3時間をきっています。

今シーズン、球場へ足を運ばれた方はお気づきかと思いますが、攻守交替の時や投手交代の時などにバックスクリーンに時計表示が現れます。その表示時間内にインターバルを終わらせようとするもので、時間短縮に大きな役割を担っています。

試合時間の短縮は、温暖化防止になるばかりか、球団のコスト削減にもなりますし、選手も、見に行く我々も、早く帰れるので大歓迎です。

ただ、12球団のワーストがホークス(3時間13分)というのがいただけませんが・・・・。
[PR]

by masumoto-tax | 2008-04-28 17:06 | 日記
「暫定」
心配していた暫定税率の期限切れに伴う「道連れ増税」は、「つなぎ法案」が昨日、成立したことで、回避されました。

昭和49年に導入されたガソリン税の暫定税率は、31日に期限切れを向え、今日からガソリンの小売価格は店側の対応によりそれぞれのようです。

さて、この「暫定」的な税法を「租税特別措置法」といい、「政策的効果の実現のため特例的に設けられた措置」だとされています。この租税特別措置法には、中小企業になじみの深い規定も多数あり、代表的なものには「交際費等の損金不算入制度」があります。

この交際費課税、創設はガソリン税より前の昭和29年で、現在まで法令の更新を繰り返し、なんと今年で54年間も継続しているのです。

創設当初の内容は、資本金500万円以上の法人について、支出交際費の70%または取引金額の一定割合のいずれか多い金額を超える場合に、その超える金額の2分の1を損金不算入とする というものでした。

その後、昭和57年に交際費に対する課税強化の方向で改正が行われ、交際費の全額(資本金1,000万円以下の法人にあっては年400万円、資本金1,000万円超5,000万円以下の法人にあっては年300万円を超える金額)を損金不算入することとなりました。

そして、現在はご存知のとおり、資本金1億円以下の法人にあっては、支出した交際費の額と年400万円のいずれか少ない金額の90%を損金算入限度額とし、それ以上の金額は損金不算入となっています。
[PR]

by masumoto-tax | 2008-04-01 17:39 | 日記
暫定税率 期限切れ濃厚に
本日の日経新聞の1面に載っていた見出しです。年度末に向けて与野党の攻防はますます激しくなる、というより平行線のままのようです。一般的にはガソリンの暫定税率のことばかりがクローズアップされていますが、その他の税制改正関連法案も併せて年度内成立が難しい状況となっています。

この法案を民主党案ベースで説明しますと、①道路関係の対案(暫定税率廃止など)、②非日切れ法案(年度末成立にこだわらない法案)、③日切れ法案(年度末に成立しないと国民生活に影響が出るもの)の3つとなります。

この中で、問題となるのが、③の日切れ法案です。代表的なものが、土地売買の登記にかかる登録免許税です。本来の税額は土地の固定資産評価額の2%ですが、現在は特例により1%となっています。今回は、この特例が3月31日で期限を迎えるため、特例延長の法案が不成立のまま年度を超えると、4月1日の登記より2%へ倍増してしまいます。

このことについて、週刊税務通信 no.3010では、「なお、登録免許税法の法体系などからは、登記を申請し、登録免許税を納付して登記が完了している場合、その課税関係を変更するような措置は非常に困難だといわれる。過去に空白期間が生じたケースでも、その間についての手当は行われなかったようだ」と伝えています。要は、今回の件で損をした分については、何の措置も講じられない可能性が大きいということです。
[PR]

by masumoto-tax | 2008-03-26 16:34 | 日記
歓迎会
先日、わが事務所にも新入社員が入ってきました。

伊藤高峰くん(たかねと読みます)、29歳、独身です。福岡出身で、現在、税理士資格の受験勉強中です。あともう少しなんですが、それからがなかなかの様で・・・。
いま、顧問先の方々にはあいさつ回りをさせていただいておりますが、その節はよろしくお願いいたします。



そこで、先週に歓迎会を開きました。















e0144190_19573745.jpg
左が伊藤君です。
デカッ
身長は180cmないそうですが、実際はもっと大きく見えます。

行った所は、中央区の某所。こじんまりとした料理屋さんで隠れ家といった感じのお店です。コース仕立で出てくる料理は魚介類を中心としたもので、そのすべてが美味しく、またボリュームもそこそこある上に、料金的にもリーズナブルです。お酒も、焼酎・ワイン・地酒と揃っていて、料理に合わせて好みのお酒をいただけます。・・・と、なぜここまでいいことばかり書くかというとオーナーが私と同郷、唐津の方なのです。(偶然ですが)ですから、食材も唐津のものを使われていたり、器が唐津焼だったりと、唐津んもんにはたまらないわけです。

この日は、アナゴの子供(半透明な葉っぱの形をしていた)やこのわた(ナマコの腸)といった珍しいものもいただき、お酒もいろんな焼酎や地酒を試し飲みし、コース最後の岩のりのお茶漬けまで満喫し、みんなとても満足して店を後にしました。ごちそうさまでした。

左は、「金霧島」で黒霧島に冬虫夏草を入れたもの。右は、「久保田」で有名な朝日酒造の大吟醸酒「洗心」です。とてもさっぱりしていて、それでいてフルーティなお酒です。

e0144190_20211288.jpg
e0144190_20212612.jpg
[PR]

by masumoto-tax | 2008-03-19 20:33 | 日記
確定申告
こんにちは  税理士の増本です。

今は確定申告真っ盛り。巷ではさぞかし大変だろうと思われているようです。

でも実はそうでもないのです。

以前に比べると、パソコンソフトの格段の進歩によって作業時間は大幅に減少しました。

また、うちの場合は顧問先のほとんどが法人の方なので、確定申告といっても会社社長の方や不動産オーナーの方の申告が主なものになり、ボリューム自体もそうありません。

お客さんからも「今、一番お忙しいのでしょう?」と言われますので、その時は「おかげさまで」と言うようにしています。

この確定申告業務、以前は税理士の大きな業務の柱でした。(今も?)
が、現在はパソコンソフトの浸透により、納税者自身でそのほとんどが出来るようになりました。

また、国税庁のHP(http://www.nta.go.jp/index.htm)でも計算・打出が可能ですので、自宅で簡単に申告が出来ます。

代行部分では、もはや税理士いらずの感があります。

このように、税理士業務の中でも反復性のあるものは、コンピュータに取って代わられています。
また、一般的な知識レベルはインターネットで検索することで、いつでも手に入れることが出来ます。

反復性がない仕事でも、インドやベトナムなど低賃金の諸国への外注は、今後はもっと進むことでしょう。

そのような中で、私たちは、今後「顧問先に対して、どのような付加価値を提供することが出来るのか」を今まで以上に意識して業務に取り組まなければ、将来、知的労働者のワーキングプアという笑えない現実が待っています。
[PR]

by masumoto-tax | 2008-03-09 12:18 | 日記
事務所WEBサイト及びブログ公開いたします。
e0144190_16574837.jpg
ご要望の多かった、私どものWebサイトを構築いたしました。
皆様に有意義な内容をお伝えできるように、できる限りの運用を行わせていただきます。
少しずつ内容の充実をはかってまいりますので、是非ご期待ください。
[PR]

by masumoto-tax | 2008-03-01 10:05 | 日記