かかりつけ税理士増本とうきゅうのブログです。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
<   2008年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

企業家紳助
e0144190_18254149.jpg

このDVDには、'80年代に一世を風靡した漫才コンビ「紳助竜介」のネタが収められています。

当時は私も大学生で、京都に居ましたので、新京極にあった京都花月に漫才を見に行ったり、京都南座での公開録画に行ったりしていました。

このDVDのなかに、吉本の若手漫才師を前に紳助が講演をしたときの映像が収録されています。自分が漫才に対し、どのように向かい合い、取り組んできたかを惜しげもなく披露しています。

たかが漫才と侮るなかれ、我々ビジネスシーンにも十分通用する、濃い内容の話ばかりで、しかも本人が実践してきたことばかりなので、ヘタなコンサルが書いている本を読むよりずっと内容があります。以下、さわりだけご紹介すると

まず、笑いに教科書はありません。ならば教科書をつくることをはじめます。古今東西のおもいろい漫才をテープに録ります。そしてそれを紙に書きます。そうすることで笑いのしくみがわかるそうです。ある売れていた漫才コンビは、その8割が同じ笑いのパターンで、残りの2割を違う笑いにすることで、ワンパターンだとは気づかれなかったといいます。

また、当時では珍しく、自分の漫才の客層を20~35歳までの男性と限定し、そのターゲットに対しどのようなスタイルで行くかを考えます。

うまい漫才は、ライバルが多くて時間もかかる。でも客がおもしろがる漫才は自分にも出来る。

負けることはしない。勝つことしかしない。

売れるには、自分という商品と世の中の動きの両方が大事。一発屋は、なぜ売れたのかがわからないので世の中の動きに自分を合わせられない。   などなど

このDVDには、紳竜の漫才という商品を開発、市場に投入し大成功をおさめ、なおかつ商品を変えながら長期間にわたり市場の支持を得ている企業家としての紳助の姿がありました。
   
[PR]

by masumoto-tax | 2008-05-27 18:55
ゴルフは簡単
私の趣味に「へたなゴルフ」があります。先日、ご縁あって、ある女性の方とご一緒させていただきました。

その方は、そのゴルフ場の女性クラチャン(?)でHCP8の実力者です。なんでも若いときにお父様に手ほどきを受けたそうで、主婦である現在もショットの正確性などは眼を見張るものがありました。

身長はそう大きくはなく、フォームもダイナミックという感じでもないのですが、ドライバーはナイスショットした時の私くらい飛びます。(その日は同じティーからでした)ですから私がちょっとでも曲げるとすぐにオーバードライブされます。

ドライバーはよく飛んで、かつフェアウェイセンター。
2打目は花道まで運んで、ナイスアプローチでワンパットという感じです。

その方のゴルフを見ているとゴルフがとても簡単に思えてきます。

たとえ1打目を林に入れたとしても、第2打は冷静に第3打が一番打ちやすいところへ運びます。私のレベルでは、ミスを取り返そうとして無理に狙って、よく大たたきをします。

仕事でも同じことが言えます。ミスをしたときは、その状況をそのまま受け入れ、そのときの最善の策を冷静に判断し、すばやく行動に移す。そして、そのミスの原因が何だったのかを分析する。そのような行動がミスを最小限にとどめ再発を防止してくれます。
[PR]

by masumoto-tax | 2008-05-19 19:57
消費税
レオパレス21は、全国の土地所有者と契約してアパートを建築し、一括借上げで入居者に貸付ける事業をしていますが、今回このアパートに付随する駐車場の賃貸料に係る消費税を納付していなかったとして3年間で約5億3000万円の消費税の申告漏れが指摘されました。

アパートの家賃は、住宅の貸付として消費税は非課税ですが、駐車場の場合は若干複雑で、次のような取扱いとなります。

1.更地を駐車場として貸付ける場合は、土地の貸付として非課税

2.アスファルトで舗装をしたりフェンスで囲ったりして貸付ける場合は、設備の貸付として課税

3.アパートに付随して貸付ける場合
 ①自動車の有無に関わらず、1戸当たり1台分以上のスペースが割り当てられているなど、住宅に付随して貸付けていると認められる場合は、住宅の貸付けの範囲に含まれて非課税
 ②それ以外の場合は上記2と同様に課税

今回の場合は、3.②に該当し課税取引となります。

さらに、全国には約2万人のオーナーがおられるそうですが、その大半が消費税の申告に含めていなかったといわれています。

消費税の免税点は年間1000万円ですが、アパートのほかに貸店舗などを所有されている方で、今回の駐車場部分を合算して1000万円を超える場合は、改めて課税事業者となり、期限後申告が必要となります。

また、既に課税事業者の方は、駐車場部分を加算した修正申告が必要となります。

いづれにしても全国的に影響の大きな事案となりました。
[PR]

by masumoto-tax | 2008-05-17 14:07