かかりつけ税理士増本とうきゅうのブログです。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
加圧2回目
お盆を境に、朝夕、めっきり涼しくなり、残暑というよりもはや秋の訪れを感じる昨今、皆さんはいかがお過ごしですか?

私は、昨日、2回目の加圧トレーニングに行ってきました。

加圧ベルトを巻いてもらうときに

トレーナーさん 「前回はどうでしたか?」

私  「ええ、まあ」(・・・正直、前回はトレーニング自体、想像していたよりも楽で、筋肉痛もさほどでなかったので、ちょっと拍子抜けな感じでした。)

トレーナーさん 「前回は初回なので、軽めに巻いてました。今回はちょっときつめに巻いておきますので、途中できつかったら言って下さい。」

なるほど、今回からが本番ということなんだと思いながらトレーニングへ・・・・・・。

10分もしないうちに、たいしたトレーニングでもないのに太ももがパンパンな感じに。

キター、これが加圧かー!!と思っていると

横で一緒にトレーニングをしていた、スタッフの伊藤君が









「すみません。きついんでベルトゆるめてもらえますか?」って、ギブ早すぎ。

それでも、無事1時間のトレーニングが終わり、ベルトをはずしてもらうと、心地よい疲労感とともに、「ああ、いま成長ホルモンが体中をまわっているんだ」という充実感が感じられました。


そして、今日、腹筋が筋肉痛です。
[PR]

# by masumoto-tax | 2008-08-22 19:27
加圧トレーニング
e0144190_16534267.jpg
先日、加圧トレーニングに行って来ました。
加圧トレーニングは、写真のように手足(写真は足のみ)にベルトを巻き、適度な筋力トレーニングを行うものです。

トレーニングメニューは、私の場合下半身が重点なので、スクワットや腹筋運動などがメインの10種類以上のものとなり、所要時間もそれなりの1時間程度となります。が、決してハードなものではありません。

加圧トレーニングは、適度な圧力をかけ、血流を抑制することで、脳がハードなトレーニングを行った時と同様な状態になり、通常のトレーニングの数百倍(?)の量の成長ホルモンが分泌されるそうです。

この、成長ホルモンが筋肉の増強やアンチエイジングに効果を発揮します。ですから、トレーニング終了から30分以内にプロテインなどのタンパク質を摂取すると、なお効果的とのこと。

ガンを患いながらプロゴルファーとして活躍している杉原輝雄氏や、芸能界では自分のジムを持っているヒロミ、また藤原紀香や釈由美子などの女性タレントたちがトレーニングしていることでも有名ですね。

私の場合は、単なる運動不足の解消、メタボな体型への決別が目的なので、今後は1週間に1回のペースでがんばろうと思います。

何事も継続が肝要、ブログにもアップしたのだから・・・続けるしかない。


加圧のことなら福岡で10年以上の実績がある「スポ研」さんへ
[PR]

# by masumoto-tax | 2008-08-12 17:03
事業承継税制
先日の日経新聞に “中小後継者の相続税軽減  承継計画策定条件に” という記事がありました。

この事業承継税制は、雇用の確保や地域の経済活力維持の観点から、中小企業の事業承継の円滑化を税制の側面から支援するために、次年度税制改正において創設される予定のものです。

中小企業の後継者が、相続等により自社株式を取得した場合に、その株式の80%に対応する相続税の納付を猶予しようという内容で、本年10月の施行に遡及して適用されます。

注意すべきは、納税猶予の制度であって、免除ではないという点です。

当然に、後継者が死亡した場合や、会社が倒産した場合?(不確定)等は免除になりますが、要件に該当しなくなった場合は、猶予された税額を全額納付しなければなりません。

その要件とは、相続税の申告期限から5年間を事業承継期間とし、その間、後継者が代表者であり続けること、雇用の8割を維持し続けること、そして相続取得した株式を保有し続けることとされています。

現在のようなボーダーレスの社会では、次年度の予測もままならないのが現状ではないでしょうか?

そのなかで5年間も雇用の8割を維持することは、かなり高いハードルだと、思わざるを得ません。

日本税理士会連合会は、毎年、次年度の税制改正に関する建議書を作成しています。

6月26日に出された本年度の建議書の中に、「中小企業の円滑な事業承継のための措置について、活用されやすい制度とすること」と謳っています。

過度に厳格な規制を設けることで、せっかくの制度が、実務上活用困難なものにならぬよう、望んでやみません。
[PR]

# by masumoto-tax | 2008-07-30 17:15
明治製菓10年分
先日の日曜日、女子ゴルフツアー「明治チョコレートカップ」の最終日が北海道で開催され、不動裕理が通算-9で優勝しました。

通算44勝目、優勝賞金1,260万円を獲得し、生涯獲得賞金は10億円を突破しました。成績不振だった昨シーズンと比べると、今期は既に2勝目で、女子ツアーもようやく主役が帰ってきたという感じがします。

不動選手は、最近の若手選手のような華やかさはなく、またガッツを表面に出すタイプでもないので、いわばジミな存在の選手です。が、ここ一番というときは、正確なショットで相手選手を圧倒する、本当の強さを持った選手として、好きな選手の1人です。

さて、今回気になったことが、副賞のことです。特別協賛が明治製菓なので、今回の副賞は「明治製菓商品10年分」でした。

プロゴルファーの賞金は、源泉徴収の対象となりますが、この副賞も源泉徴収の対象とされます。

具体的には、事業の広告宣伝のための賞品に対し、そのときの価額(小売価額の60%相当額)から50万円を控除して10%の源泉税を徴収する必要があります。

今回の場合に当てはめると、推定単価150円×10年分(=3650個)=547,500円。これが小売価額なので、その60%=328,500円で、50万円以下なので、源泉徴収はされません。

ちなみに、10年分の賞品は一括受け取りでも、都度受け取りでも、会社側が対応してくれるそうです。
[PR]

# by masumoto-tax | 2008-07-14 17:49
コンタクトレンズ
私も今年で45歳になり、数年前から見えにくくなっていた新聞や本の字が、最近特にぼやけて見えてしようがありませんでした。

老眼鏡も考えましたが、東国原知事の姿をイメージすると、やはり抵抗があります。そんな中、ある方から 最近は、遠近両用のコンタクトレンズがある とのアドバイスを受けました。私自身、20代からのコンタクト愛用者(ハードレンズ)なので、何の迷いもなく早速ショップへ。

ショップで見ると、レンズ自体、今までのものより一回り大きくなっており、中心部分が近視用レンズ、そのまわりが老眼用レンズというつくりだそうです。レンズは、眼の上に浮いた状態なので、レンズの動きが激しい人は、瞬きするたびに焦点がずれることもあり、万人には向かないようです。

そのあたりの適性を検査して、OKをもらい、実際装着してみると、なるほど遠くは勿論のこと、近くがよく見えること。ただ、構造上、近くを見るときは、レンズのフチで見るイメージ、下目使いで見ることとなります。 つづく
[PR]

# by masumoto-tax | 2008-07-04 18:26